入りやすい薬局とは

| 未分類 |

普段の生活の中で、よく行くお店とほとんど入ったことがないお店とがあると思います。

それはお店の入りやすさが関係しているかもしれません。

 

薬局でも同じことが言えます。

 

昔のいわゆる薬屋さんのイメージというと、お店の正面に色あせたポスターが所狭しと貼ってあって、外から店内を見通すことはほとんどできないという感じではないでしょうか。

 

当時は薬局の件数が少なかったこともあり、入りやすいかどうかはあまり関係がなかったかもしれませんね。

しかし、現在のように選択肢が広がると大いに関係する要素ですね。

 

入りやすさの尺度

そこで働くスタッフの接客態度でも、また利用してみようと思うかどうかにかなり影響するものです。

 

北海道にバスターミナルのすぐ隣りで開いている薬局があるそうです。

立地的に利用しやすいだけでなく、笑顔を絶やさずテキパキと働いている薬剤師の姿が好感を呼び、利用する患者さんが増えたそうです。

 

出て行きやすいか

入りやすさの代表といえば、ドラッグストアの店舗でしょう。

それまでの“薬局”のイメージがガラッと変わりました。

 

間口の広い開放的な入口は入りやすく感じますね。

ポスターを最小限にして店先を広々と開けるスタイルで、入りやすいように工夫しています。

間口が広いということは、出ていきやすいとも感じるので、ちょっと覗いてみよう、入ってみようと思う人も当然多いでしょう。

安心感があるのですね。

さらに店先に商品を山積みにして賑やかさを演出しているところもありますね。

 

調剤室をガラス張りにしているところもよく見かけますね。

何を調合しているのかは分からなくても、さすがに変なことはしていないだろうという安心感がありますね。

 

交差点の角にあるドラッグストアも見かけますね。

角地なので車で出入りしやすく、利用しやすいなというイメージが持てるかもしれません。

 

これは便利

それがさらに進んで、最近はドライブスルーの薬局が増えています。

1号店は仙台で、その後地方を中心に全国に広がっています。

 

ファーストフード店と同じで、患者さんは車に乗ったまま受付で処方せんを渡して、次の投薬窓口で薬を受け取れます。

車から降りるのが大変な高齢者の方や、ケガをしている方、他の患者となるべく接触したくない方、また子供連れの方などはとくに助かりますね。

 

選択肢が広がるのは利用する側としてはうれしいですね。

入りやすいかという観点で賢く選びましょう。