普段から薬局やドラッグストアを利用することが多い方は、薬剤師にも接する機会も多いことでしょう。

お気に入りの薬局だけではなく、お気に入りの薬剤師を探すというもの手かもしれません。

 

お気に入りの薬剤師

とはいっても、そうした思いで薬局を利用している方は少ないかもしれません。

 

別の記事でも書きましたが、できるだけ固定の薬局をいつも使うといいとされています。

患者の薬の履歴を一元管理できるからです。

それだけではなく患者と薬局または薬剤師との信頼関係を築くことができます。

 

じつは、薬を出すというのは一時的な付き合いなのではなく、患者のライフスタイル、体質、病歴、年齢などを総合的に把握して、新たに処方された薬が最適なものなのか、薬剤師は判断する立場にあるのです。

 

ですから、表面的なやり取りではなく、親身になって的確なアドバイスをしてくれる薬剤師を見つけることができれば本当に安心です。

 

理想の薬剤師イメージ

それには、人間としてのスキル(ヒューマンスキル)と、専門家としてのスキル(テクニカルスキル)の両方を備えている必要があります。

 

薬剤師は在学中にそれらのスキルを身に付けるべく学んできているようです。

その通りに実践していくことは易しいことではないと思いますが、近くにその条件に適っている薬剤師を見つけることができればありがたいですね。

 

ところで、薬剤師の視点で考えてみると、患者からみて信頼できる薬剤師になるかどうかは、そもそもいま働いている薬局が患者から信頼されているかどうかに影響される場合もあると思います。

信頼ある薬局は、患者応対が良いだけでなく、内部でも充実したスタッフ教育が施されているものです。

 

もしかしたら薬剤師の方もこの記事を見てくださっているかもしれませんが、もっと信頼され患者から良い評判の職場で働きたいという方に参考になりそうなサイトがありました。

そこのリンクを張っておきます。

薬剤師側から見た薬局の仕事と転職情報サイト

 

人と人との関わりですから、こちらのことを気にかけてくれて、親身になってくれる人にはいろいろと相談しやすいものです。

薬剤師はよろず相談のように、健康と薬についてであったり、家族の介護をしている人の相談相手であったりと、病院のお医者さんよりも気軽に相談しやすいかもしれませんね。

 

相談しやすいというのは、よく話を聞いてくれる人ということにもなります。

 

ヒューマンスキルとテクニカルスキルの両方が大事ですが、そのようなコミュニケーション能力のほうがより大事ですから、ヒューマンスキルを持っている薬剤師を見つけて信頼関係を築いていくことができればとてもいいですね。