かつてであれば、近くの薬局は1~2軒ぐらいで選ぶ余地はなかったと思います。

それが現在では選択肢が非常に増えているため、選び放題の状況です。

 

あまりにも多いためか、一ヶ所に決めて利用することはしない方が多くなっているようです。

 

かかりつけに固定するメリット

そんな状況の中で、薬局を固定することは必要なのでしょうか。

どんなメリットがあるのでしょうか。

 

薬の情報を一元管理することで、飲み合わせのチェックをしたり他の薬局で処方された薬について覚えていたり説明したりする必要がなくなるため、固定するほうが良いと思います。

 

別の記事で書いたように、信頼できる薬剤師を見つけられれば、あまり知られたくないことでも相談しやすくなります。

でも、いろいろな薬局に分散していると信頼関係ができにくいので個人的に相談することはしなくなりがちです。

 

そうすると、この薬とあのサプリメントの飲み合わせにはどんな相互作用があるのか知る機会が減ってしまいます。

自分で判断するのはリスクが高くなりますから、是非とも避けたいところです。

 

薬剤師の資質

市販薬と処方薬の両方を扱っているところが多いですが、とにかく薬が売れればいいという姿勢の薬剤師なら避けたほうがいいでしょう。

 

以前、旅先のドラッグストアで市販の下痢止め薬を購入したことがあります。

 

そこの薬剤師から、いま下痢をしているのかどんな症状なのか尋ねられました。

旅の途中、もしもの時のために買おうとしただけだったので、どうしてそんな質問をするのか不思議でした。

 

いま考えればその薬剤師はちゃんと自分の役割を果たしていたのですね。

ただ売れればいいとは考えていなかったわけです。

 

場合によっては詳しく症状を聞いて、市販薬で済ませないで、病院に診てもらうようアドバイスしてくれる薬剤師もいます。紹介状まで書いてくれる方もいるそうですよ。

 

単に売るほうと買うほうの関係ではなく、本当に気遣ってくれていることがうれしいですし、そういう薬剤師ならこれからも来ようと思えるでしょう。