これまで薬局や薬剤師に求めることを取り上げてきました。

信頼性やヒューマンスキルが高いほど良いですが、さらに今では小売業として利用客に対するサービスもいろいろ増えています。

 

どんなサービス

ひとつは処方薬の待ち時間を短縮するための工夫です。

 

待っている間に暇つぶしとして読み物を置いているところはよく見かけます。

この頃は、ハーブティーやコーヒーを楽しめるようにしていたり、マッサージチェアを設置していたりする薬局もあるんです。

高齢者の利用が多いところは、血圧計や骨密度計測器などを自由に使えるところもあります。

そして小さい子連れの方が多い地域では、キッズルームや授乳室まである薬局もあるそうです。

充実していますね。

 

聞くところによると、オンデマンドでビデオを上映しているところがあるそうです。

もちろん映画とかドラマではなく、医療に関するものらしいですが。

 

通常、待ち時間は10~20分くらいかかりますから、そのあいだに何かすることがあれば気が紛れます。

 

もっと早くならないのか

体調がすぐれない状態で来ている場合、なるべく待ちたくないのが本音です。

しかし物理的には極端に時間を縮めるのは難しいようです。

 

いつもと同じ薬を受け取る場合は手順が少ないので待ち時間は長くならないと思いますが、新規や単発の場合は長くなることが多いでしょう。

新規ならば、保険証の確認や患者情報の取得、アレルギー情報などいくつも行わなくてはならないことがあるからです。

 

いずれの場合も調剤する時間はかかってしまいます。

そこで、もし薬局を一ヶ所に固定していれば、そうした過程が省けるものが出てきますよね。

 

それらとは別の方法ですが、ある薬局では近くのクリニックと連携して、処方せん情報をオンラインで得られるようにしています。

クリニックでその薬局を利用することを伝えておけば情報が転送されて、患者が薬局に着くころには調剤がほぼ終わっているのです。

薬局での待ち時間はほんの数分ですみます。

 

別の記事で紹介したドライブスルー薬局もいいサービスの一つですね。

他の患者と接したくないときに助かります。

 

なかには、サロン風にして処方せんがなくても自由に出入りできるようにし、アロマ製品を自由に試せる薬局まであるそうですよ。

 

そこまでする薬局は稀でしょうが、サービスを良くして快適に過ごせるところをお気に入りに選ぶのも手かもしれませんね。